3回目

 2回の時、フィールドワークで大文字送り火を調べてから見続けて3回目、今年も大文字を見ることが出来ました。
 送り火は4年住んでいる今でも大文字しか見たことはありませんが、毎年、あの山に灯が点るのを見ると、点火までに一生懸命準備をしてきてそれに懸けている送り火保存会やボランティアの方々の想いが思われて、胸が熱くなるのです。
 
 あぁ、今年も無事点ったなぁと。

 京の町全体がそれを待ち望んでいたかのような雰囲気になるのもいいですね。
 観光化してきたとはいえ、それでも送り火を忘れず駆けつけてくれる人がいるという温かさ。

 来年は見られないかも知れないですが、そうだとしても8月16日は思い起こしたいと思います。
[PR]
by blue-clearsky | 2006-08-17 08:09 | つれづれ
<< 驚くこと2件 上洛 >>